nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

有限の命


20160330101831.jpg


2007.10.1 道端にボロ雑のように転がっていた子猫

一見泥まみれで分からず、Uターンして近づくと一ヶ月ほどの子猫でした。

声を掛けたら頭を向けようと少し動いたので拾ってすぐに病院へ。

カラスにでも襲われたのか、数か所に穴があり

コクシジュウムやら何やらで…

たぶん厳しいと思いますと診察時に告げられ

毎日面会に行き声を掛け

二週間入院ののち私のもとへ。



ベルと暮らし8年6カ月になります

楽しいこともつらいことも苦しいこともうれしいことも

止まらない時間の流れを一緒に過ごしてきました

猫がたくさんの家だから、どのこもそれぞれに大切で

今の私があります

ベルは3月初旬に風邪をひき、治療をしてもスッキリ治らずが続いていました

先週末からご飯を食べなくなり

血液検査の結果

黄色脂肪症であり、腎不全と診断を受けました

この状態で生きているのが不思議なくらいだと告知されました

涙がポロポロ落ちて止まりませんでした


真っ黄色の胃液の嘔吐が始り

昨日の朝までうぐいす色の胆汁の嘔吐へ進行し、

できることは痛みや苦しみの緩和

人間に例えると抗がん剤の副作用症状である嘔吐を止める

神経ブロック注射を昨日打ちました

もし奇跡が起きて自ら水が飲めるようになったら

あと数週間一緒に暮らせるかもしれない

でもその数週間の時間が激痛の中に身を置くのであれば

それはベルも私も嫌なことに違いない


ずっと一緒にいたいな

その想いは変わらないけど

いのちは無限じゃないから


動くのがしんどいはずなのに

夜はいつものように私の布団の中で

フミフミして寝ています

嘔吐も朝までに一回だけありましたが

まだ自力でトイレにも行っています

ベルにたくさん話してます

ちょっとだけ大丈夫そうなところを選んで撫でています

ベルが悲しむといけないから 溢れ出てくる涙は必死に止めようとしています

残りの時間を最大に心地よく大切に

だいすきなベルと過ごします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。