nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOPスポンサー広告 ≫ 避妊手術TOP未分類 ≫ 避妊手術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

避妊手術

去年の初夏、
車に轢かれ死んでいる子猫を見つけ、どうしてこんなとこに?と思いながら
葬った。
その数時間後川沿いに空きダンボールを見つけ中を覗くと
ドライフード。
あっ‥捨てられたんだ‥。
それから辺りを探してみると深い側溝のなかによく似た子猫が落ちていた。
溺死だった。
やりきれない気持ちを引きずりながら
当時保護した子猫たちの世話に追われる毎日だった。

他に兄弟子猫たちがいたとしても
気持ちにもお金にも余裕がなくて保護できないと
頑張れなかったその時の自分。
少し探してすぐ、諦めた。

数週間経つと、死んでた子と同じ位の月齢の子猫たちがチョロチョロ。
茶トラ2匹、黒1匹、サビ1匹。

茶1、茶2、3ちゃん(黒)、4ちゃん(サビ)

やっぱり、名前をつけてしまった。= 避妊手術。

IMG_815411.jpg

水曜から木曜に替わる夜中にやっと成功!

IMG_816111.jpg

去年の秋から4ちゃんには振られ続けていました。何十回も‥(汗)
(実は前日も‥空振り)

IMG_816411.jpg

私なりにフル装備にした捕獲機の中で怒り続ける 4ちゃん。
ちょっと辛抱してもらいます。(怖い思いさせて、ごめんね‥)

IMG_817611.jpg

病院で耳カット、毛玉とり、スポットオン、諸々
この際だから手術以外にできる事もお願いした。

一泊して、今日お迎えに行ったとき「とっても、手強い子でした~!」
いつもすいません^^;
と次の猫の避妊の予約をしました。。


IMG_816711.jpg

この子は診察待ちの タマちゃん♀11才
今にも倒れそうなおじいさん(←ごめんなさい)が
下痢になったと連れて来ていた。
「わしの宝、いなくなったら、わしも生きていけないよ。
だから、ちょっと元気ないと すぐここで診てもらうんだ~ワハッハー」
と言ってました。
幸せな猫さんだ~!


IMG_814611.jpg

雨の中 競うように飛ぶ練習をしている ツバメの子たち。

この川の周辺で 猫の名前を呼ぶオバサンは 私です

タータ。ままちん。茶1。3ちゃ~ん。

何匹いるのか気になりますか?
秘密です~
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。