nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOPスポンサー広告 ≫ あまりの惨状に‥TOPお知らせ ≫ あまりの惨状に‥

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

あまりの惨状に‥

あまりの惨状に目を覆いたくなります。
でも、この現実を多くの方が知ることにより前進することもあります。

↓ 結さんの4/15のブログがアップされました。


『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー


以下転載です




緊急のお願い
取り残されているペットを助けよう!
首相官邸にメールで呼びかけています。ご協力ください。
  こちらを、ご一読ください。


転載歓迎です!拡散希望
緊急のお願い(原発立ち入り禁止区域のペット救済)
環境大臣にお願いしています。ご協力ください。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20110415.html
--------------------------------------------------------------------------------

2011 年 3 月 14 日 月曜日

お知らせを頂きました。
民主党動物愛護議連会長、衆議院議員松野頼久先生が、被災動物のシェルター設置、レスキューに入っている団体等をチラシなどにより避難所の住民に周知徹底することなどを、動物愛護議連として
4月14日、環境省へ申し入れを行ってくださいました。
4月16日、農林水産省へも申し入れて下さるそうです。


http://www.matsuno-yorihisa.com/
政治家が何もしない、それで終わったのでは被災動物は助かりません。応援致しましょう。
そしてあとは、あなたも、わたしも、みんなが声をあげれば国を変えることができるのです。
今、生き残る動物たちを救えるのはあなたの声です。
あなたの声が、被災動物を救います!

上記、嘆願書、よろしければそのままコピペしてお使いください。宜しくお願い申し上げます。


スポンサーサイト

Comment

編集
私も、救済の輪さんのブログを拝見させていただきました。
記事を読ませていただくたび、胸を締め付けられていましたが、
室内猫生存率の記事には、思考がとまりました。
自分が目にしているものが理解できませんでした。
いまだに、思考フリーズ状態で、感情が整理できずにいます。

あまりにもありえなさ過ぎる現状に言葉が出ません。
現場で奮闘してくれている方が、少しでも動きやすくなるように、できる応援をしていこうと思っています。
2011年04月16日(Sat) 11:11
編集
私も同じでした。
何かしなきゃと思っても動けない。脱力感のような喪失感のような‥。
人命はもちろんですが
犬も猫も牛も馬もウサギも‥救える命にそれぞれが出来ることする。応援する。
今それが一番大切で必要な気がしています。
2011年04月17日(Sun) 04:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。