nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOPスポンサー広告 ≫ 被災動物救済要請メールを!!TOPお知らせ ≫ 被災動物救済要請メールを!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

被災動物救済要請メールを!!

4/17(日)の譲渡会はたくさんのご家族が猫たちに会いに来て下さいました。
有難うございました。
後日、改めてご報告いたします。

週中 痛みに耐えられなくなった私は歯を抜きました。
今も多少の鈍痛があり、顔が半分腫れています‥



福島原発20キロ圏内が警戒区域となりました。

原子力安全・保安院へメールをお願いします

● メールフォーム
氏名
住所(市町村まで)
メールアドレス
タイトル 「20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い
本文 犬猫救済の輪さんのサンプルをコピーし貼り付け送るだけです

東京電力へメールをお願いします

● 東京電力 エコーボックス


以下、犬猫救済の輪さんより転載です



力の結集を!

決定は、原子力保安院です!!

この件、最後のお願いになるかもしれません!

転載歓迎 拡散希望!!


大至急、ご協力をお願いします


22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html


(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。





他にもたくさんの国内外署名活動の情報があります。

被災地情報のブログ


計画避難区域の犬猫一時預かりプロジェクト

東北犬猫レスキュー.com


ボランティア登録している私たちにもメール連絡がありました。
個人で一匹でも預かれる方がいらっしゃいましたら連絡下さい。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。