nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOPスポンサー広告 ≫ 命の値段TOP未分類 ≫ 命の値段

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

命の値段

保護される犬猫たちは圧倒的に子猫や子犬が多い。
その反面、殺処分されるのも子猫や子犬たちが大半だと‥

どうしてもっと良い税金の使い道ができないのだろうか?
いつまでこんなことが続くのだろう‥

市町村単位なのか県全域なのか定かではないけれど

子猫 400円
成猫 2,000円

保健所の引取料が決まったと人づてに聞いた。
色々な意見があるのは百も承知。 でも言いたい。

そんなもんなのか?

持ち込んだ人達を 殺処分されていくその命が消える最期の断末魔の叫びに
立ち会わせることはしないのだろうか?

IMG_4004_convert_20090909010140.jpg

この子猫たちの母猫は殺処分されました。
どんな想いを残して死んでいったのか、思うだけで折れそうになる。

無責任なエサやりおばさんが増やしてしまった最後の子猫たちです。
数年前から問題になり何匹なのかは知りませんが、避妊を施し、
どうしても捕まえることのできなかった最後の猫を保健所の手を借り
避妊ではなく、殺処分にしたと聞きました。

捕獲できたのになぜ避妊の策を選ばなかったのか
疑問でなりません。理解できません。

いままでも、これから先も、同じような話がたくさん転がってくるでしょう。

相談された預かりさんは一度は断り抗議したそうです。
腹が立って泣けてきたといってました。
でも、目の前のこの子猫たちを放り出すことが出来ません。
母猫と同じ運命しか選択肢にはないからです。

個人の力では今が精一杯です。というより限界を超越しています。
市役所から相談されるのではなく行政が先頭に立ち私達を導いて欲しいと願います。

病院で健診してきました。それぞれに問題ありですが、治療を続けます。
里親さん募集です。
どうぞ、よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト

Comment

編集
「殺処分」という言葉がこの世からなくなることを願ってやみません。
いつも思うんです。値段なんてつけてはいけない命の値段だけど、せめてそういった引き取り料は動物病院で安楽死と同じ水準の値段にして欲しい。
(そんなことしたら捨てるヒトがますます増えるんだろうとも思うけどv-406)
そしてせめて安楽死にして欲しい(それだって心情的には許せないけど)。
持ち込んだヒトの目の前で。
簡単に命を誰かに投げやるような手段だけはなんとしても絶って欲しいものです。
罪のないこの子達に、どうか良縁が訪れますように。
2009年09月09日(Wed) 20:10
編集
ちゃちゃさん
ほんとにそうですよね。この世に産まれてきた命は人間であろうと動植物であろうと、違いはないはず、無駄な命なんてどこにもない。と、思います。
母猫の分も長生きして幸せになってほしい。
今はビビりな子達ですがとってもかわいい目をしています。よいご縁がありますように。。


2009年09月10日(Thu) 00:15
編集
はじめまして。。。
本当に本当に人間って{何様}って思います。犬、猫、動物の命を支配する権利なんてないのに。。。やり切れないことが多すぎます。何故、人間と動物が仲良く共生していくことが出来ないんでしょうね。。。
全ての人間が、人間以外の命に優しくなって欲しい。尊んで欲しい。動物たちの身になって考えて欲しい。
殺処分なんてこと、いつか必ず無くなりますように。
強く強く願っています。

2009年09月11日(Fri) 00:25
編集
じじさん
はじめまして。
世の中から一刻も早く「殺処分」という言葉がなくなるように私も願ってます。
そうですね。共生なんですよね~
答えはあるのに、そこにたどり着くまでの道のりが捻じ曲がっているようで‥。
犬猫が苦手な人たちにも、「殺処分」という言葉に関心を持ってもらえたら‥
消えていく小さい命も救われるんじゃないのかな、って思います。
2009年09月11日(Fri) 22:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。