nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOPスポンサー広告 ≫ 保護こねこ +1+1TOP保護猫 ≫ 保護こねこ +1+1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

保護こねこ +1+1

昨日もクマさんから こねこ保護 +2匹の連絡有りです

連日保護記録にチャレンジ  してる訳でも

集めている訳でもありません。なのに何故増える‥。

飼い猫さんは避妊去勢を!

可哀相だと思うエサやりさんは一歩進んで避妊手術まで責任を持って!!

ほんとっ お願いします  





我が家で過ごし里親さんを待ってる3匹のようす

P1090511.jpg

ゴミ置き場で拾った福ちゃん♂

怖いものなし、たくましく育ち過ぎ

小さい姉妹たちに、たまに酷いことするから私に怒られ反省を覚えました

違いが分かる男の子です。 


P1090620.jpg

縞三毛のようなサビのような、2匹姉妹たちは知人の保護猫

(ビビ&ジジは保護主さんの希望で姉妹で迎えて下さるお家を探しています)


夕方、犬のお散歩中に悲鳴のようなこねこの鳴き声が聞こえてきたので辺りを探すと

70代おばさんが倉庫にこねこが居ると言い、事情を聞くと

庭にたまに来てた野良ねこさんにエサやりをしていたため

敷地の倉庫内で産まれてしまった。

母猫の所在を尋ねると三日くらい前から突然居なくなった。

子育て中の母猫が何らかの理由でこねこたちの元に戻らず

こねこたちは声を枯らし鳴いてた。だから凄まじい鳴き声だったと言ってました。

水と缶詰が置いてあったそうだけど

食べられる月齢ではありません。

今後母猫がもし戻ったら避妊することを約束してもらい

こねこたちを保護してきました。

その後もこのお宅には知人が犬のお散歩中に通っていますが

母猫は一度も姿を現さないそうです、、



こねこたちはガリガリで酷い下痢、脱水もありましたが

廃油のようなキツイ臭いで熱めのお湯で洗いました

P1090387.jpg


数日隔離しながら病院へ通い

インターフェロンの点滴を3回目受けた頃にはすっかり元気で

プープーの怒りんぼ姉妹でした!

P1090417.jpg

下痢も治まり順調に体重も増え、そろそろ保護から2週間が経過です 

P1090830.jpg

部屋の間仕切りにしているダンボールも

飛び越えてしまいそうな勢いでどんどん大きくなってます

ちょっとだけ気になるのは いまだにプチ、ノラ食い。

ガウガウ言いながら取られまいと頭を押さえつけたりし合うので

P1090811.jpg

距離を保ち食べさせてます。

おしとやかな食事中になれるまであともう少し!というところ
 
福ちゃんに似て活発です

トイレ掃除中の私を3匹で、ジャングルジムにして遊ぶのは止めましょう~

お掃除がはかどりませんから~~。

P1090777.jpg

そんな感じで

ジャングルジム遊びに付き合ってくれる里親さんはいませんか? 

福ちゃんと一緒に 次回譲渡会に参加予定です  

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

次から次へと・・・
編集
いいのか悪いのか、日々大盛況のようで・・・。
やっぱりありますね。連絡網。
それにしても、母猫はどこへ行ってしまったのでしょう・・・。
それも心配ですね。

うちのちびチームも日々威力を増していて、
頭の中はいかに上手に脱走するかでいっぱいのようです。
人間のぼりも日々進化しています。
そんなちびたちに、茶っさんヤキモキしているみたいです。
母のカリカリご飯を盗み食いするので、
ふやかしカリカリを出してみましたが、
そんなものより母のカリカリがいいそうです。
(母にはキトンとベビー用カリカリあげてます)
たくましいものです。
少し前からおトイレにもチッコし始めました。
今日は大きいほうも初観測されました。

生まれて1ヶ月。すっかりいっちょ前な顔してます。
もう少し、茶っさんに子育てを頑張ってもらい、
次のステップに進もうと考えています。



2012年05月23日(Wed) 18:48
編集
naccoさんちおチビちゃんは+4匹にカウントされてます~よん。手放せなくなるほど可愛いでしょe-420 茶ママが大事に子育てしてるのを目の当たりにしてると格別ジーンとしちゃいますね‥v-398
実家の2階で子育てさせてた親子猫を見ていた父はもぅ毎日メロメロでした。なんだかんだ自分に都合よく解釈し一度は里子に出さないと勝手に決めてましたからっ。。家にいるより幸せになるんだからと説得し続けましたもん。
三毛たちの母猫は事故か何かでこねこたちの元に戻れなくなってしまったと思われます。子育て放棄しちゃう子は初めから置いてっちゃいますから‥
お外暮らしの猫の子育ては人が想像する以上に大変な事が多いのかも。
相談を受けたりして寄り添う親子猫を見たときなんか凹みます。引き離さなきゃならない私たちも結構辛い想いです。
2012年05月24日(Thu) 00:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。