nekotosiawase

里親さん募集の猫たち、お外の猫たち、家の猫たちのこと‥そんなまいにち。
TOPスポンサー広告 ≫ 局部麻酔で腫瘍摘出TOP家の猫たち ≫ 局部麻酔で腫瘍摘出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

局部麻酔で腫瘍摘出

10/3夜、局部麻酔で上皮細胞腫の摘出をしたみぃさん

ネックカラーをされたらキャリーの中で大暴れ

絶対ヤダ!と言って七転八倒で自分で外し

その後もとってもご機嫌ナナメでした。


NCM_0556.jpg

(カット前)


NCM_0583.jpg

(カット後)


病気の処置のため全身丸刈りにしたのが9/23

今まで猫を保護したらガシガシ洗ってたけど‥

皮膚疾患のある猫のシャンプーを

素人の私がしても体調悪化を招くだけだし患部の洗浄のコツもわからない。


ちゃんと扱える信頼できるトリマーさんちに通ってます

バリカンがはいらないほどの超猫っ毛でハサミで刈り上げてもらい

みぃさん、シャンプー中はスポンジをガブガブして粉々にしてたそうです

見事に仕上げてもらえました


みぃさんがこんなになってしまったのは

病気になり免疫力が一気に低下し普段感染しないような

空気中に滞在する多種の細菌やブドウ球菌に感染してしまったため

2種類の抗生剤である程度は完治しましたが

今苦しんでいるのは真菌症=カビです

耳鼻口まわりを中心に首顎背中4本の四肢に脇や足の付根肉球の間

手足は腫れあがり爪の一部は取れてしまってます

ジッとしていられない痒みで苦しがります。

これまで治療中で、ここまで酷くなった真菌症の猫はいなかったので驚愕してます。


似たような皮膚疾患で疥癬症がありますが

これは痒みで心不全を起こし死に至ります

野良猫が患えばとても哀れです

苦しみ抜いて死ぬ訳ですから。


真菌を殺す薬は良い動物細胞まで殺すので寿命は縮みます

高齢で心音の悪いみぃさんにはとてもダメージですが

痒くて痛くて苦しんで死ぬよりよっぽど良い。

先生の言葉が沁みます。

真菌は皮膚に入り込み根をはるので強い痒みがでて

掻き毟るので深夜でもトリマーさんに無理をお願いし

薬剤で鎮静し皮膚や毛先に付いているカビの胞子も洗い流しもらってます

それでも3日前後で掻き毟りに戻ってしまうので

10/3 効果が二週間持続する神経ブロック注射をしてきました

その時にお尻の横に出来ていた上皮細胞腫を局部麻酔で切除。

P1140528.jpg


悪性なら扁平上皮がんですがその場で染色してもらったところ

切除した細胞腫については悪性の所見はほぼ見当たらないとの判断でした

がんであればまたすぐにしこり出来きてくるそうなので

病理検査に出すことは選択しませんでした。


真菌症完治まで道のりは長そうですが

薬や注射で治療して、こまめにシャンプーをお願いしていきます。

家も多頭飼育ですから朝晩の床ふき掃除や猫物の洗濯がフル回転です。

涼しくてよかった‥(笑)

P1140538.jpg

ご機嫌麗しのみぃさん 頑張ってます   




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

編集
みぃさん、つらいねぇ~...
でも、ちゃんと診てくれるママがいるから
大丈夫!
だから、あんまり暴れないでね♪
みんな、みぃさんの為にやっている事
なんだよぉ~.....


頑張れぇ~、みぃさ~ん!
2012年10月06日(Sat) 15:02
編集
坂ちさん みぃさん順調です♪

食欲にはややムラがありますが
長期投薬の影響による肝機能低下は避けられませんが
食べたいものを食べられるだけでも
満足してくれたら良し!ですね。

いつも案じて下さって有難うございます(^^)v
2012年10月12日(Fri) 00:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。